top of page

3,オンラインセミナー

「自分で自分を支える心の軸を養う」目まぐるしく変化する現代社会で、決して変わることのない心の軸を育ててみませんか

変化の激しい時代こそ

心の軸を養う



第15回オンラインセミナー

第14回オンラインセミナー

第13回オンラインセミナー






情報を制するものは時代を制す

インターネットとSNSの普及により

わたしたちが生きるのは



過去人類が辿ってきた歴史の中でも

かつてないほどの激しい情報化社会です



その情報がもたらすのは

情報格差であり



情報格差がそのまま現実の格差に

直結する時代です



つまり

情報を制するものは時代を制す様に



わたしたちが明日を生き抜く

直接的な技術になっていると

言うことができます



日々目まぐるしく変化する

情報化社会こそ



わたしたちは

決して変わることのない

不朽の本質的な學びがこそ



不要な情報に翻弄されない

世界を見通す透明な心の眼

重要になってきています







透明な世界を見通す心の眼「透念気」

情報化社会だからこそ

情報が価値を持つ時代でありますが



ではどれほどの人が日々溢れる

情報の真価と賛否を判断する術を

持っているでしょうか?



目の前に広がる情報を

正確にその本質を捉えることは

非常に困難です



その本質を捉える力を

「透念気」といいます



昨今世界的な大ヒットで

社会現象を生み出した

『鬼滅の刃』では



道を極めた者のみが見る景色

「透きとおる世界」という

キラーフレーズでこの透念気が登場しました



これが算命学が所有する

東洋思想が大切にする透念気です



この溢れる情報の渦の中で

物事の本質を見定めることができるのは



この曇りなき透明な眼で

世の中を見透すチカラです



それは心に天(精神)と地(現実)を

結ぶ一本のを持ち



精神的な心の鍛錬と

それを行動と一致させること



わたしたちは日々の現実行動を通し

自身を鍛錬するところに



何にも惑わされることのない

心の柱(支柱・軸)を養い



柱が強固になるほどに

現実の具現化が力強いものになる

道理が働くようになります



これがわたしたちが主軸にする

すべて活動のただ一つの基本理念です






自分で自分を支える心の軸を養う

すべての活動に

「自分で自分を支える心の軸を養う」

という理念を掲げていますが



その活動の一つに

東洋思想セミナーがあります



十人十色、それぞれの人生で経験する

ことに違いはあれど



一貫するのはわたしたちは

自らの人生の主人公であり



自分の望む人生を創意工夫し

具現化させることこそが

人生の意義と意味であり



その裏側には必ず生まれたきた

意味・使命・役割を担っています



そのために人生に起こる

あらゆる過去から學び



学んだものを未来に活かし

より良いものへと

進化させるべく改良し



それを世のため人のため

より良い社会の明日のために実行する



実行したものからまた學び

學んだものを再び改良し次世代に伝えていく



それぞれ十人十色・千差万別の

それぞれの人生において

この循環を正しく(道理に従い)繰り返すことは



わたしたち人類に共通した

人生の意味・使命・役割になります



目まぐるしく変わる社会で

決して変わることのない



「透きとおる眼で世界を見透す力」

「心の軸(柱)」

共に養い育ててみませんか?






 


第15回

オンラインセミナー『五つの役割を背負う人生』

- 五つの時代に宿る霊魂の存在-







わたしたちの人生工程を5つの時代に区分

その平均値を導き出すことにより

人生の役目を知ることができます



子ども時代にもたらされる気質と

男女性差による特徴を活かした子育て方法



自己確立期である青年期に

独立心を養わないことで

成人後に生まれる弊害と代償



社会人時代にどんな気質を育てる結果

人生のメイン(中年期)で

自己の能力を存分に発揮する質が備わるのか




算命学が持つ東洋思想・哲学の

観点から紐解いています







 



第14回

オンラインセミナー『2022年時代考察-時代の寵児』

-時を得る者は今を時めく人-






時代の勝者(生存)と敗者(淘汰)の

明暗がはっきりと色濃くなる2022年



2020年からの12年間の時代の性質

そして何を大切にどの様に生きる必要があるのか?



そして来る2033年からの時代の

特徴と危険性について解説しています(裏鬼門通過現象)



これを知ると今からどんなことを準備し

またどんなことを大切に生きることで



明るい未来を創造することが

できるようになります




強いものが残るのではなく

柔軟に変化するものが生き残る

のがいつの世の中の真理です







 



第13回

オンラインセミナー

人格を育てる東洋思想『東洋思想が考える人格の根本』

-格の違いは年輪にあり-


品格・風格・人格・格言・格式・格調

「格が違う」という言葉を

耳にすることがありますが格とは一体なんでしょうか?



どんな違いによって

この格の違いが生まれるのでしょうか



「格」が生み出される

根本のメカニズムを読み解き



それを後天的にわたしたちの

人格を磨く方法をご紹介し



人格を育てるために実践するべく

皆さんが実際にお持ちの【命式】を使用し



人間関係(社会・仕事)における

使命について解説しています

※【生年月日】使用





こんな方におすすめ
 


  • 物事が上手くいかなくて悶々としている

  • 人を魅了する「オーラ」「雰囲気」を養い育てたい

  • 自分はどんな社会的(仕事や対人関係)使命と役割があるのか知りたい

  • 自分らしい活躍がしたい




 







Project Gallery

bottom of page